思っていた以上に飲みやすい青汁

毎日、適切な栄養素を心掛けた食事、なんてのを実践するのは非常にハードルの高いことです。仕事で疲れて帰ってきて、さあ、ゆっくりしましょ、って時に、適切な栄養素を心掛けた食事、なんて作ってられませんよね。そもそも、料理の知識もありませんし、調理道具だって、そろっていません。

つまり、毎日自炊をする知識もなければ設備や環境も整っていないのです。じゃあ、勉強して環境を整えろよ、って話ですが・・。はっきり言うと、自炊をするのが面倒くさいんですよね。なもんで、ついついお弁当とか、外食とか、そういうのに頼った食生活になっちゃっています。ただ、栄養面には自分なりに気を付けていて、サプリメントを摂取したり、納豆やヨーグルトを食べたり、そういう補助的な部分ではしっかりと努力しているんですよ。

そんな中最近ハマっているのが青汁です。実家の両親が、粉末タイプの青汁を大量に送ってきたのですが・・。正直言って、これを飲む気はさらさらありませんでした。きっとそのうち、賞味期限が切れて、処分することになるだろうなあ、なんて思っていました。ですが、今では毎日のように飲んでいます。

理由は、思っていた以上に飲みやすかったからです。かなり偏食家の私ですが、不思議と飲めています。個人的な感覚としては、抹茶に近い感覚かな。渋みがあって、ちょっとリラックス効果も得られているんですよね。これを毎日、朝食時にいただいています。さて、前述したとおり、粉末状の青汁ですが、毎回水で割って飲むのは面倒です。

ですので私は、一気に大量の粉末を水で溶いて、それをペットボトルに保存していただいています。こうすることで、前述のわずらわしさから完全に開放されるのです。これは意外と使える、いわば青汁の裏技(ちょっと大げさ?)になるので、ぜひ皆さんも試してみてくださいね。

青汁を飲むようになってからというもの、便の調子がとてもいいですよ。便秘知らずで、毎朝すっきりと出せています。毎朝しっかりと出せると、とても気持ちがいいですし、「さ、今日も1日頑張ろう!」ってな気持ちになるものです。私にとって、青汁は元気の源といっても過言ではありません。